ねじができるまで

ねじができるまで

ねじ部の加工

鋼材を加工し、ねじ部分をつくる工程です。ねじ部の加工には鋼材から溝の部分を削ってつくる「切削」と、鋼材に圧力をかけねじ山を絞りだす「転造」の2種類の方法があります。 強度においては「転造ねじ」が優れていますが、用途や必要強度に応じて製造します。

転造ねじの加工

2ダイス転造盤

3ダイス歩み転造盤

切削加工

ランヂス型ねじ切り盤

閉じる

Adobe Flash Player

動画をご覧になるためには、お使いのパソコンにFlash Playerがインストールされている必要があります。インストールされていない場合は、バナー先のページよりダウンロードし、インストールを行ってください。